会計事務所での導入がふえています

最近税務会計事務所での宗教法人会計システムの導入が増えています。 宗教法人から、依頼を受けたが、よくわからないので、他の会計事務所から勧められたので、 導入したい。内容がそろっているので、導入を決めた。 最近では、宗教法人ユーザー様とのネットワークを利用して導入するとか、USB方式の導入がしたいなど 希望のパターンが増えています。 mikaesi もっと詳細その他

屋内納骨堂管理システム好評

屋内納骨堂専門ソフト登場

複数パソコンで、ネットワーク利用できる宗教法人会計システム

「自宅と寺務所の両方で、会計を入力したい」なかなかできませんでしたが、 この宗教法人会計ドふとではかのです。 途中で切り上げて、続きは自宅で、ということも無理なくできて、大変助かります。 2か所での入力もできます。 更に見る

宗教法人会計で収益事業会計から一般会計への資金移動の仕訳

●会計間資金移動と仕訳 宗教法人会計では、複数の会計を持つことが多いが、会計間の資金移動の、仕訳は下記 のとおりです。 1 標準的な科目処理 文化庁標準によると、会計間の資金移動は「繰入金収入」と「繰入金支出」勘定で処理することになっています。 宗教法人会計科目説明1 宗教法人会計科目説明1 2 仕訳事例 1 )特別会計側(資金支出)の仕訳 宗教法人会計移動仕訳1 2 一般会計側(資金収入)の仕訳 宗教法人会計移動仕訳2 以上 尚、課税収益事業から、宗教法人一般会計への資金移動は、寄付金として損金処理できる 制度がある。 全額ではなく、一定(所得の20%)の制限があるので、税法で確認するといい。 公益法人(含む宗教法人)への特別優遇制度です。

墓石会社などから受け取った紹介料収入は収益事業か?

●墓石会社などから受け取った紹介料収入は、斡旋業扱いで収益事業に該当
1.宗教法人への税務調査で、近年指摘されているものとして、墓石会社などから受け取った紹介料収入があるという。斡旋業は収益事業に該当するため、宗教法人の収益事業として申告する必要がある。収益事業であるという認識がない場合、無申告のままであるケースが少ないとのこと。

これは税務調査派入った場合、過去分も徴収対象となるので、疑問が合ったら、事前に、税務署に相談に行くことが
もめないポイント。

もっと詳細その他