宗教法人会計で収益事業会計から一般会計への資金移動の仕訳

●会計間資金移動と仕訳 宗教法人会計では、複数の会計を持つことが多いが、会計間の資金移動の、仕訳は下記 のとおりです。 1 標準的な科目処理 文化庁標準によると、会計間の資金移動は「繰入金収入」と「繰入金支出」勘定で処理することになっています。 宗教法人会計科目説明1 宗教法人会計科目説明1 2 仕訳事例 1 )特別会計側(資金支出)の仕訳 宗教法人会計移動仕訳1 2 一般会計側(資金収入)の仕訳 宗教法人会計移動仕訳2 以上 尚、課税収益事業から、宗教法人一般会計への資金移動は、寄付金として損金処理できる 制度がある。 全額ではなく、一定(所得の20%)の制限があるので、税法で確認するといい。 公益法人(含む宗教法人)への特別優遇制度です。

墓石会社などから受け取った紹介料収入は収益事業か?

●墓石会社などから受け取った紹介料収入は、斡旋業扱いで収益事業に該当
1.宗教法人への税務調査で、近年指摘されているものとして、墓石会社などから受け取った紹介料収入があるという。斡旋業は収益事業に該当するため、宗教法人の収益事業として申告する必要がある。収益事業であるという認識がない場合、無申告のままであるケースが少ないとのこと。

これは税務調査派入った場合、過去分も徴収対象となるので、疑問が合ったら、事前に、税務署に相談に行くことが
もめないポイント。

もっと詳細その他

恋人といく初詣/クリスマス

埼玉恋人初詣
東京恋人初詣
東京恋人クリスマス告白

○初めて教会クリスマスで告白しました。(妄想一)

○初めて教会クリスマスで告白しました。(妄想一)
潤は、今2つ上の彩加と付き合って3か月がたった。
彩加は、長い髪がよく似合うが、怒りっぽい
。昨日もイタリアンレストラン行ったが、雰囲気が悪いと、チョット怒った。
今度のクリスマスは何とか、ご機嫌よくして
告白まで持ち込まないと「ヤバイ」みたいと思っている。
いつもと違う雰囲気をつくれるのが教会と聞いたので、教会を探すと、近いところにあった、銀座のど真ん中にあるなんて知らなかった。「銀座教会」銀座教会の特色は、1943年
以来続けられている正午礼拝で、お昼休み
30分誰でも参加できるそうだ。
でも今回は、毎週日曜日6時から一時間程度行なわれている「主日夕方礼拝」に行くことにた。
彩加には、何も言わずに、5時に銀座で待ち合わせをした。5時半になったが、彼女はまだ現れない。(妄想に続く)

活動に参加しているお寺: 210カ寺 「お寺おやつクラブ」応援しましょう。

全国には7万を超えるお寺があります。どのお寺にも仏さまがお祀り(おまつり)され、檀家さんや地域の人々からたくさんのお菓子や果物がお供えされます。

「おてらおやつクラブ」は、お寺にお供えされるさまざまな「おそなえもの」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、全国のひとり親家庭を支援する団体との協力の下、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動です。おすそわけを通じ、ご家庭と支援団体との関係性の深まりに寄与し、貧困問題の解決への貢献を目指します。
(皆様応援しましょう)
http://otera-oyatsu.club/