宗教法人の税務調査について

宗教法人に対する、課税強化が増してきています。
宗教法人はその特殊性から、さまざまな課税の配慮がされてきていますが、
一部が宗教法人を、脱税の隠れ蓑にするなど世間を騒がすことなども
影響してか、税務当局からも、厳しい目で、チェックされることは増えています。
ポイントは3つ
1つは、宗教事業活動か収益事業活動かの判断
2つは、法人としてのものか、個人(住職)としてのものかの判断
3つは、計上時期の問題
これら判断は、難しく、意見がことなることが頻繁である。
日頃から、税務署などと、処理について、確認することが、少しでも
難を防ぐことに鳴ると思う。
税理士斎藤先生の税務調査実態を紹介したいと思います。
税務調査について
もっと詳細その他

コメント


管理者のみに表示

トラックバック