上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教法人会計で収益事業からの一般会計への支出の扱い

宗教法人において、収益事業を行い、収益から、一般会計に振替える場合、
税務的には、「みなし寄付金」として、規定内で、損金経費として求められるのが
一般的である。

「みなし寄付金についての扱い」
収益事業から宗教法人本来の業務のために支出された金額は
寄付金とみなされ、収益事業の所得の20%の範囲内で損金の
額に算入されます。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。