上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教法人会計の特徴

shuu
宗教法人会計が一般市販会計ソフトで処理できない事例として参考になる。、
宗教法人会計の決算書用紙事例を公認会計士協会で示している。
「期首現預金有高」「期末現預金有高」の位置に注目していただきたい。

普通ここは、「期首繰越収支差額」と「期末繰越収支差額」の表示されるところですよね。
一般企業会計では、無い項目なので、処理できませんが、尚、公益法人会計でも
そり出来にくいのが、上記現預金科目処理です。

宗教法人は特別なんだな、とわかってもらえればいいと思います。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。