上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教法人の資産廃棄の会計処理は?

宗教法人において、資産の会計処理は、不明な点が多い。
金額評価できないものも多いのがその原因であるが、非収益事業が大部分なのも大きい要因である。
資産を、廃棄する場合の、会計処理を考えてみた。

資産廃棄/償却費の自動仕訳

仕訳によって、追加仕訳しない

追加仕訳条件 非仕訳例
貸方一致(正味リストクエr- 借方2600~2700の場合 損 資産破棄
  売却損
1)破棄借方資金2398 車1351
2)
借方一致(正味リストクエr- 無条件追加仕訳




追加仕訳
破棄 支払資金2398¥100 車¥100 なし
売却損 現金¥70
支払資金¥30 車¥70
車¥30 入力
入力 なし
売却益 現金¥100
現金¥20 車¥100
支払資金¥20 入力
入力 なし
減価償却費 減価償却累計¥20 建物¥20 入力 なし

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。