上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住職等個人が確定申告をしなければならない場 合.

次のような人は、その年の所得を合計して、翌年の2 月16日から 3 月15日までの間に、その人の住所地の
所轄税務署に確定申告をしなければなりません。本年中の給与の収入金額が2, 000万円を超える人
給与を 1 か所から受けていて、給与所得及び退職所得を除く各種の所得(地代、家賃、原稿料などの
所得)の合計額が20万円を超える人給与を 2 か所以上から受けていて、年末調整され
なかった給与の収入金額と、給与所得及び退職所得を除く各種の所得との合計額が20万円を超える人
したがって、住職等個人に原稿料や講演料などの収入がある場合や、宗教法人からの給与の
ほかに他の勤務先からの給与があるときなどは、確定申告をしなければならないことになります。
※ 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、画面の案内に従っ
 て金額等を入力すれば、税額などが自動計算され、所得税の申告書などを作成できます。
  作成した申告書等はプリンタを使って印刷した「書面」により、税務署に提出することができます。

宗教法人指針

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

次のような人は、その年の所得を合計して、翌年の2 月16日から 3 月15日までの間に、その人の住所地の所轄税務署に確定申告をしなければなりません。本年中の給与の収入金額が2, 000万円...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。