上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教法人で、収入は僅かですが、書類は提出しないといけませんか?

宗教法人は、収入の規模に関係なく、監督諸葛官庁に対し(多くは知事あて)財産目録および
役員名簿の提出が求められます。

収入が8千万円を超えると、国税庁税務署へ、収支計算書も提出することになります。
収益事業を行っている場合、金額にかんけいなく、損益計算書を国税税務署に提出
しなければなりません。

法人の活動によって、いろいろ対応が必要で、わかりにくいところです。
処理の詳細にわたっては、規定になく、各宗教法人の判断に。任されていることも、
困ったものですね。
文化庁/国税庁・公認会計士宗教法人会計指針などを基準として、処理するようにしています。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。