税金の記事 (1/3)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石材店からのキックバックで、課税

税務署の監査の入った、寺院で、非課税でなく、課税対象と指摘されたものの中で
指定石材店が檀家から徴収した墓石代の一割程度を「建墓手数料」という名目で寺院にキックバックし、
宗教法人活動一般会計で処理していましたが、収益事業に該当し、収益事業に該当するとの指摘を受けた
事例を見ました。
もし、同じような処理をしている場合、税務指摘を受ける可能性があります。ご注意を。
http://www.mscn.net/home-ms/jiin.html

もっと詳細その他

境内の駐車場の一部を、月極め駐車場にした場合、課税されますか?

現在は、境内の広場を、自由に、駐車場用として利用していますが、宗教法人の会計も
厳しい折、場所もいいので、檀家代表から、一部を月極め有料駐車に設楽の提案を受け、検討中ですが、
その場合、税金はどうなるでしょうか?

回答:一般的に、境内に駐車場は、参詣者用よして、非課税となりますが、有料駐車場は、原則収益事業として
課税対象です、もちろん固定資産税も課税対象です。
有料駐車場部分を、線引きで明らかにしたhぷが、税金トラブルを防ぐポントとなります。
有料駐車場二対して、固定資産課税とないます。

もっと詳細その他

パーキンギメータ設置の駐車場は非課税?

境内内に、駐車場西、パーキングメーターを、設置しました。
参詣者には、無料で、提供しますが、この場合税金はどうなるでしょうか?

回答:パーキングメータは、貸出用駐車場とみなされます。
   たとえ、参詣者には、無料で、提供しても、課税対象(固定資産税等)と判断されると思います。

もっと詳細その他

宗教法人の税務調査について

宗教法人に対する、課税強化が増してきています。
宗教法人はその特殊性から、さまざまな課税の配慮がされてきていますが、
一部が宗教法人を、脱税の隠れ蓑にするなど世間を騒がすことなども
影響してか、税務当局からも、厳しい目で、チェックされることは増えています。
ポイントは3つ
1つは、宗教事業活動か収益事業活動かの判断
2つは、法人としてのものか、個人(住職)としてのものかの判断
3つは、計上時期の問題
これら判断は、難しく、意見がことなることが頻繁である。
日頃から、税務署などと、処理について、確認することが、少しでも
難を防ぐことに鳴ると思う。
税理士斎藤先生の税務調査実態を紹介したいと思います。
税務調査について
もっと詳細その他

収益事業とみなされて寺院に法人税が課 される場合がある?(寺院、神社、教会)

宗教法人(寺院会計税務、神社会計税務、教会会計税務)、が、収益事業を行えば、その収益に対して、法人税が課税されますが、宗教法人だから、収益事業にならないものが、あります。
絶対というわけではなく、解釈には、幅があるようだ。
一部の事例を見てみると、
1 物品販売業は、収益事業であるが、宗教法人が行う下記については、非収益事業で非課税扱い。
 (喜捨金とみなされて、宗教活動判断。(お守、お札、おみくじ等の販売:販売価格に対して、原価が安く、通常の利益率
  と違い、差額は喜捨金とする判断)
 一方、絵葉書、テレホンカードのように、仕入と販売価格が一般的で、通常販売可能なものは、収益事業判断。
2 参拝者でも有料で駐車料金を取った場合は、すべて収益事業とみなされて課税されます。

その他、判断は、あいまいなものも多いので、不安な場合は、所轄税務署と相談しておく方がよい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。